ナイスステージ湘南台

      
 
   home  
  お知らせ  
  ご案内  
  管理組合活動  
  自治会活動  
  管理組合ニュース  
  暮らしのメモ  
  資料集  
  改善活動報告  
  掲示板  
  リンク集  
  お問い合わせ  
  サイトマップ  
  役員専用ページ  
    
 
 
home > お知らせ >
 

当マンションから「マンション管理士」が誕生

(2002/02/16)
 
当マンション管理組合のN理事(xxx号室)が、平成13年度のマンション管理士試験に見事合格されました。
「マンション管理士」は昨年8月から施行された「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」(マン管法)によって新設された国家資格で、マンションに関する専門的知識をもって、管理組合の運営、建物構造上の技術的問題等マンションの管理に関して、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者等の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業務とします。昨年12月に行われた第1回試験では全国で96,906人が受験し、合格者は7,213人(合格率7.4%)という難関を突破しての快挙です。


合格証書を手に喜びのN理事

N理事コメント
たまたま輪番制で管理組合役員になった年に「マン管法」が施行され、このような国家資格が誕生したのも何かの縁でしょうか、1年間管理組合活動を経験していく中で様々な勉強ができたことが大きかったです。自分の住むマンションを良くしたいという一心で勉強を始めて受験しましたが、他マンションの管理組合役員の方々との交流を通じて、多くのマンションが共通して抱える問題の大きさを知り、合格して初めてこの資格の持つ社会的責任を感じつつあります。当マンションも永く快適な住環境を維持していくためには、大規模修繕や建替え等の問題を避けて通ることができません。まだまだ経験不足で勉強しなければいけないことばかりですが、みなさんと一緒にがんばれば、どんな問題でも解決していけると信じています。

「マン管法」ってなぁに?

マンションは多くの居住者が建物と土地を共有していることから、その維持管理には居住者全員の合意が必要となります。そのための団体が管理組合ですが、居住者の意識が低く、管理会社に任せきりで、管理組合が正常に機能していないマンションも多いのが現状です。

その結果、建物の維持管理が満足に行われず、快適な住環境が失われた結果、多くの居住者が逃げ出し、賃貸化が進み、不法占有者が増え、いわゆる「スラム化」が進んでいくことになります。マンションがスラム化すると、単にそのマンションだけの問題に留まらず、地域全体の住環境も悪化し、大きな社会的問題となります。

「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」(マン管法)はこうした背景から、平成1212月に制定され、平成138月から施行されました。内容としては、マンション管理会社の質的向上をめざして「マンション管理業」を登録制にし、その業務で中心的な役割を果たす「管理業務主任者」の行うべき業務を法的に定め、さらにマンション管理組合の良きアドバイザーとして、専門的知識を有する「マンション管理士」の国家資格を新設しました。

しかし法律が出来たからといっても、すべてを専門家に任せていれば十分というわけではありません。「マン管法」では、マンションの区分所有者全員が管理組合の一員としての役割を十分認識して、管理組合の運営に関心を持ち、積極的に参加する等、その役割を適切に果たすよう努める必要があるとされ、専門家の支援を得ながら、主体性を持って適切な対応をするよう心がけることが重要とされています。
 
このホームページはナイスステージ湘南台管理組合によって運営されています。