ナイスステージ湘南台

      
 
   home  
  お知らせ  
  ご案内  
  管理組合活動  
  自治会活動  
  管理組合ニュース  
  暮らしのメモ  
  資料集  
  改善活動報告  
  駐車位置の再抽選の実現  
  掲示板  
  リンク集  
  お問い合わせ  
  サイトマップ  
  役員専用ページ  
    
関連ページ
 
    管理組合ニュース
 
 
home > 改善活動報告 >
 

駐車位置の再抽選の実現

(2003/01/05)
 
当マンションは62戸全戸に駐車場があり、全戸が各1台分の専用使用権を持っています。そのため駐車場使用料は「無料」というのが販売時のセールストークのひとつでした。うち7台分は平置きで1階住戸の専用庭に付随しており、その1階住戸が使用権を持ちます。残りの55台は機械式で、駐車位置は管理組合が決めることになっています。

機械式駐車場はピット式と呼ばれるタイプで、中段・下段の使用者は駐車車両が地下にもぐっているため、出し入れに時間がかかります。車を出すのに中段で約4分、下段では約8分程度かかります。また中段・下段は車両の高さが155cmに制限されているため、ワンボックスやRV車のように背の高い車を停める事はできません。

入居前に駐車位置の初回の抽選会がありました。当然上段の人気が高く、ほとんどの入居者が上段を希望しましたが、抽選によって駐車場所が決まりました。抽選に外れた人からは次の抽選はどうなるのかという質問も出ましたが、抽選会を主催した管理会社の回答は「管理組合で決めれば良い」とのことで具体的な話はされませんでした。その後は初回の駐車位置のまま3年が経過することになります。

築4年目になり、第3期定期総会が行われる直前に、下段使用者のひとりの居住者の方から「公平に再抽選をすべき」との投書が理事会になされたことを契機に、ようやく理事会が動き出します。まず第3期定期総会で第4期の新任理事から今期に駐車場問題の解決を図ることの所信表明が行われ、総会の直後、駐車場問題検討委員会が設立されました。

委員の公募の結果、上の投書をした下段使用者と中段使用者の新任理事に、上段使用者を加えた3人が委員会のメンバーとなりました。

最初に行ったのはアンケート調査です。抽選に外れて外部の有料駐車場を借りている人がいることは分かっていましたが、実際に何人いるのか、具体的には把握していなかったので、まずその実態調査を行うことにしました。その結果、やはり数名の方が車両制限のため中段・下段には停められず、外部の有料駐車場を借りていることや、車の買い替えをされた方もいらっしゃることが分かりました。

このアンケートはあまりつっこんだ質問をせずにとりあえず現状把握という意味合いのものでしたが、フリーコメントでかなり賛成・反対の意思表示をされてきた方がおられました。特に一番ショックだったのは上段の使用者からの反発が予想以上に大きかったことです。新任理事が総会での所信表明の際に、格差是正のために駐車場料金を有料化して上段と下段で料金格差を設けることをひとつの案として示したこともあり、上段の使用を「既得権」と考える方から、手厳しいコメントを数多くいただきました。正直なところ人のために苦労することが馬鹿らしくも思えてきました。しかし、同じ建物の中に住んでいながら、なかなかお互いを知る機会がありませんでしたので、今回多数の方からコメントを頂いたことは良いことと前向きに考えることにしました。そしてマンションで何かをするには、とにかく広報活動を進めて、居住者のみなさんの理解と協力を得るしかないと強く思うようになりました。

委員会は毎月行われ、単純に全員の再抽選を行う案や、中段と下段のみを毎年ローテーションする案など、様々なアイデアが議論されました。そして全5回の会合を経て、2001/03/21に駐車場使用細則改定案がまとまります。この案では基本的に上段と中段・下段で料金格差を設け、3年ごとに再抽選を行うことを定めました。ただしポイントとなるのは、駐車場使用料を「マイナス」の金額にしたことと、抽選免除の選択を認めたことです。すなわち、駐車場使用料は上段がマイナス1,000円で、中段・下段がマイナス2,000円で1,000円の料金格差を設け、再抽選を希望せず現在の駐車位置のままでいたい人は再抽選を免除し、その代わりに駐車場使用料は従来通り「無料」としました。

マイナスの駐車場使用料というのは管理組合が駐車場使用者に支払うことを意味していますので、財源が必要になります。そのため、第4期理事会が並行して進めていた管理費のコスト削減活動での成果の一部が財源として充てられました。逆に言えば、管理費の大幅なコスト削減を達成できたために、「マイナスの駐車場使用料」というユニークなアイデアが生まれたという訳です。

この駐車場使用細則改定案は2001年11月の定期総会で承認され、早速2001年12月に第1回目の再抽選が行われました。このとき再抽選に臨んだ方は上段1名、中段4名、下段8名。抽選会では上段の台数が少ないことを理由に中段の使用者が抽選を拒むトラブルもありましたが、話し合いで納得いただき、無事再抽選が終了しました。駐車車両の移動も2001年12月に新設した来客用駐車場を利用してローテーション表を作り、2002年1月中に滞りなく完了しました。

予想通り上段はほとんどの方が抽選免除を希望しましたので、実質的に上段と下段に月額2,000円の料金格差を設ける結果になりました。中段の使用者も下段になることを嫌って抽選免除を希望された方が多かったです。下段の方でも抽選免除を希望された方が意外と多かったのですが、この制度のメリットを十分にご理解いただけなかったようで、居住者のみなさん全員にご理解をいただくのもなかなか難しいことだと感じました。

2004年12月には2回目の再抽選が行われますが、現状の料金格差が本当に妥当であるのか、抽選免除を認めたことにより実質的に上段使用者と中段使用者が固定することを良しとするのかなど、まだまだ課題は多いです。しかし、駐車場問題の是正に向けて第一歩を踏み出せたことと、居住者のみなさんに問題意識を持っていただいたことの意義は大きいと思っています。

一般に駐車場の問題は使用者の間で利害が分かれますので、居住者のひとりひとりが自分の権利を主張している状況では解決が難しくなります。マンションという集合住宅に快適に住んでいくには、結局は同じマンションに住む仲間としてお互いの立場を思いやる心を持つことが大切であること。そのことにどのように気づいてもらうかが円満な解決のためのポイントになると思います。

※駐車場使用細則改定案の詳細は第4期定期総会議案書の第10号議案とそのQ&Aをご覧ください
 
このホームページはナイスステージ湘南台管理組合によって運営されています。