保険等に関する打合せ議事録(G社)

日時: 2001/09/13(木) 19:00-21:00
場所: NICE STAGE湘南台集会室
出席者: G社 T管理主事、505 I委員、605 N理事(議事録作成)

議題

1. 積立マンション総合保険について

(1) 平成14年での当マンションの共用部分の再調達額はxxx,xxx,xxx円であることが確定した(平成11年時はxxx,xxx,xxx円)。

(2) T海上の新マンション総合保険では主契約にガラス保険料と水漏れ保険料が含まれているため、現在のS海上の積立マンション保険より割高になっている。

(3) 免責金額が一律で10,000円である(従来は基本的に免責なし)。

(4) 施設賠償責任保険の特約は5年間でxx,xxx円であり、従来の1年でxx,xxx円の掛捨てより割安である。ただし、契約内容は対人、対物ともにx,xxx万円に変更になる(現在は1名につき対人 x,xxx万円、1事故につき対人 x億円/対物 xxx万円)。

(5) 個人賠償責任保険の特約も5年間でxxx,xxx円であり、現在の3年間でxxx,xxx円より割安である。

(6) 保険金額を再調達額の20%とした場合の掛捨て金額はxxx,xxx円であり、100%とするとx,xxx,xxx円となる(ただし、満期返戻金を保険金額の1%とした場合)。

(7) 現在の保険の3年前の掛捨て金額は再調達額の100%でxxx,xxx円であり、契約を変更する場合にもこれが目安となることから、保険金額を共用部分の再調達額の30%、40%、50%とした場合の掛捨て金額をG社に提出していただく。

(8) 3年前の総会(第1期定期総会)で管理会社から提示された保険の内容説明資料と同等の資料をG社に用意していただく(保険の担保範囲、概略、事故例等、注意事項を一覧表にしたもの)。


2. 非常通報システムの配線不備について

下記の事項について販売会社のN社に確認をするようG社に要請した。

(1) 現状の配線が設計通りであることを、設計図面から明確に示していただく。

(2) なぜ2箇所の火災報知器だけをわざわざ非常通報システムに配線しない設計にしたのか、その理由・意図を説明していただく。

(3) 施工会社H社の説明にある「消防設備特例」とは何かを具体的に説明いただく。

以上

NICE STAGE湘南台ホームページ